ファイティングファンタジー的ゲームブック 【宝石島の脱出】

 

 ようこそ、宝石島へ。この冒険は、ファイティングファンタジーと同じルールに対応しています。

 冒険はオレリアという島で行われます。冒険の目的はオレリア島からの脱出ですが、皆さんはよりよい形でのクリア方法を探すことができます!最もよい形でのクリアは真の宝と呼ばれる宝物を手に入れての脱出ですが、最初からその選択肢にたどり着けるとは限りません。オレリア島にはそういった宝が確かに存在しますが、そのための道は複雑に入り組んでいます。


 冒険では1パラグラフ進むごとに10分が経過します。冒険の中では、時間が経つことがあなたに危機的な状況をもたらすことが多々あります。その最たる問題は食料でしょう。

 主人公は空腹から1時間ごとに体力点を1点失います。食料を摂った場合は通常のファイティングファンタジーのルールと同じように4点の体力点を回復するので、うまく食料をやりくりしてください。

 

 冒険の最中に「君は満腹になった。」という記述に出会った際には、単にあなたの体力度を4点回復させてください。もし体力点が原点から3点以上減っていないときには、主人公を「完全な満腹」の状態にしてください。主人公はいったん完全に満腹になるので、何分経っていてもその時点から1時間経つまでは体力点を空腹によって減らす必要がなくなります。

 

 冒険のはじめは主人公である「君」は武器を持っていません。然るべき武器を手に入れるまで、戦闘の際には攻撃力を4点減らして戦ってください。
 イベント・チェックをすること、という記述がしばしば出てきます。その場合、サイコロ1個を振ってください。1、2、3、4のいずれかが出た場合、いまいる番号をメモして巻末に飛んでください。あなたは何かに遭遇したのです。遭遇が終わったら、戻ってきて冒険を続けてください。


 もうひとつ、この冒険には【騎乗生物】が登場します。【騎乗生物】はあなたが操縦し、あなたの代わりに戦ってくれます。【騎乗生物】を戦わせている間あなたはその生き物を操らなければならないので一緒に戦うことはできませんが、あなたが島で生き残るためのリスクを減らしてくれるでしょう。


主人公は宝石や金貨や食料類を除いて、10個までしか物を持つことができません。武器1つや防具1つで1個の持ち物になってしまうので、うまくやりくりしてください。
技術点チェックをせよ、という記述が出てきます。これはサイコロ2個を振って、技術点以下が出せるかどうかのチェックということです。技術点より高い目が出てしまった場合には失敗になります。
 では、プロローグです。